野外でお子様を撮影する時のポイントは? – 資格を生かして楽しく稼ぐ チャクラ診断 – 所沢 職場の人間関係のストレスを解消 中橋ヨガ

投稿日: カテゴリー: 写真撮影&ヨガ

● 野外でお子様を撮影する時のポイントは?

おはようございます、航空公園駅8分 赤ちゃん連れ大歓迎の
ヨガインストラクター 中橋桂一です(^^)

春休み中ですね。お子様と公園に行ったりするママも多いと思います。 
私は先日、航空公園に行きました。 所々ではさくらも見えました(^^) 
画像の説明
「さくらの下で子どもの撮影をしたい」そう思うママもいるかと思います。 
そこで女性カメラマンのasami先生に野外での
撮影ポイントを聞いてみました。 

1、逆光の時、露出補正のできるカメラなら、プラス補正してあげるとキレイです。 
補正できないカメラなら、ストロボたくといいです。
コンパクトカメラのストロボモードを強制発光にすると、明るくても光ります。 

2、お子さんを撮る時お子さんを撮る時は、動きが速いので、シャッタースピード優先モードで 
シャッタースピード速めで撮るのがオススメです。
画像の説明
3、晴天の撮影で直射日光が当たる場所で撮るとき、 
顔に影など写り込みますので、日陰を探して撮ったほうがいいです。 

4、桜と一緒に撮影するとき 
逆光と時と同じで、露出補正を使ったりするといいです。 
オートモードで撮ると、どうしても桜のピンク色が出ませんので、 
ぜひマニュアルモードに挑戦してみてください!

と教えていただきました。

asami先生と私で記念撮影とヨガのイベントします
4/3(木)に開催します。詳しくはこちらをクリックしてください
明日の4月1日(火)、9(水)も 
開催します。 

記念撮影&ヨガ、詳しくはこちらをご覧ください

ではまた次回、
ありがとうございます。

 
 
 
 
 
 
 
 

a:870 t:1 y:0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です