クレームで自信をつける – 資格を生かして楽しく稼ぐ チャクラ診断 – 所沢 職場の人間関係のストレスを解消 中橋ヨガ

投稿日: カテゴリー: アプリシャスヨガ

●クレームにしっかりと向き合えば自信につながる 

おはようございます 笑顔のヨガインストラクター 中橋桂一です

先日 初ヨガセミナーを開催しました。  

ヨガの指導は10年、延べ8万人にしていますので
慣れていますがヨガセミナーは初めてです。

ヨガ指導とヨガセミナーはどう違うのか良く聞かれますが、 
なんと言っても話すことの方が多いことが違いです。 

ヨガセミナーはすごく緊張してしまいました。 

参加者がどんな感想なのかすごくドキドキしていたんですが
うれしい感想をたくさんいただき、ほっとしています。

ヨガセミナーの感想はこのブログで紹介していきますね。 

今日は、参加者の感想と自信の話です。 

参加者から良い感想をもらえると、 
自信につながりますよね。  

特にやったことがないことを初めてやって、 
その感想が良いものですとすごく自信がつきます。 

でも、、、 

もっと、自信がつく感想があります。

クレームです 

今日は、ヨガ指導のクレームで自信がついた話をしましょう。 

それは、私がヨガ指導を始めて間もない頃の話です。

スポーツクラブでのヨガ指導です。 

「ヨガの素晴らしいことを多くの人に伝えたい」 
私はヨガのインストラクター養成講座のとき、
運動量の多いヨガを学びました。  

「これは面白い、生徒さんも喜ぶはずだ」

そう思っていた私は、いろいろなヨガのポーズを組み込んで、 
運動量の多いがヨガ指導をしていました。 

運動量が多い分、運動不足の人にはいいし、 
終わった後、すごくスッキリする。 

絶対生徒さんは喜んでくれる! 

そう思っていました。 

しかし、結果は・・・ 

参加者が減ってしまったんです。 

レッスンの回数を重ねると重ねるこどに参加者が少なくなる。 

「どうしてなんだ!」 

どうして、1回参加してくれた人が次に参加してくれないのか?

どうして・・・ 

どんどんと自信がなくなってきてしまいました。 

参加してくれた人に聞いてみました。  

でも、あまりはっきりした答えはありませんでした。 
そんなとき、私が自信をとりもどすことになる 
お客様アンケートが届きました。 

「私には難しすぎてついていけませんでした」 

クレームです。 

そのクレームが私の自信につながりました。  

「生徒さんは運動量の多いヨガは望んでないんだ!」 

その時から、私はヨガ指導の間の生徒さんの様子を 
しっかりと観るようになりました。 

終わった後、話を聞くようにしました。 

それを続けていくことで参加者が増えて、 
人気になっていきました。  

正直に言えば、クレームはショックでした。 
でも、参加者が減って「どうしてなんだ」と 
悩んでいた私には答えをみつけるきっかけでもありました。、 

クレームって、もちろんない方がいいものです。 
でも、クレームをもらってしまったときの行動で、 
自信につなげることもできるんです。  

クレームには、しっかりと向き合うことが大切ですよね。

☆『自信がつく』ポイント☆

クレームにしっかりと向き合えば自信につながる 

自信がつくアプリシャスヨガセミナー、次回は  
9月9日(水)19時~に開催します。 

セミナー詳細はこちらをクリック

ではまた次回、
ありがとうございます。

  
 
 
 
 
 

 
 
  
 
 

 
 
 

    
  
  
 
 

a:503 t:1 y:0 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

クレームで自信をつける – 資格を生かして楽しく稼ぐ チャクラ診断 – 所沢 職場の人間関係のストレスを解消 中橋ヨガ

投稿日: カテゴリー: アプリシャスヨガ

●クレームにしっかりと向き合えば自信につながる 

おはようございます 笑顔のヨガインストラクター 中橋桂一です

先日 初ヨガセミナーを開催しました。  

ヨガの指導は10年、延べ8万人にしていますので
慣れていますがヨガセミナーは初めてです。

ヨガ指導とヨガセミナーはどう違うのか良く聞かれますが、 
なんと言っても話すことの方が多いことが違いです。 

ヨガセミナーはすごく緊張してしまいました。 

参加者がどんな感想なのかすごくドキドキしていたんですが
うれしい感想をたくさんいただき、ほっとしています。

ヨガセミナーの感想はこのブログで紹介していきますね。 

今日は、参加者の感想と自信の話です。 

参加者から良い感想をもらえると、 
自信につながりますよね。  

特にやったことがないことを初めてやって、 
その感想が良いものですとすごく自信がつきます。 

でも、、、 

もっと、自信がつく感想があります。

クレームです 

今日は、ヨガ指導のクレームで自信がついた話をしましょう。 

それは、私がヨガ指導を始めて間もない頃の話です。

スポーツクラブでのヨガ指導です。 

「ヨガの素晴らしいことを多くの人に伝えたい」 
私はヨガのインストラクター養成講座のとき、
運動量の多いヨガを学びました。  

「これは面白い、生徒さんも喜ぶはずだ」

そう思っていた私は、いろいろなヨガのポーズを組み込んで、 
運動量の多いがヨガ指導をしていました。 

運動量が多い分、運動不足の人にはいいし、 
終わった後、すごくスッキリする。 

絶対生徒さんは喜んでくれる! 

そう思っていました。 

しかし、結果は・・・ 

参加者が減ってしまったんです。 

レッスンの回数を重ねると重ねるこどに参加者が少なくなる。 

「どうしてなんだ!」 

どうして、1回参加してくれた人が次に参加してくれないのか?

どうして・・・ 

どんどんと自信がなくなってきてしまいました。 

参加してくれた人に聞いてみました。  

でも、あまりはっきりした答えはありませんでした。 
そんなとき、私が自信をとりもどすことになる 
お客様アンケートが届きました。 

「私には難しすぎてついていけませんでした」 

クレームです。 

そのクレームが私の自信につながりました。  

「生徒さんは運動量の多いヨガは望んでないんだ!」 

その時から、私はヨガ指導の間の生徒さんの様子を 
しっかりと観るようになりました。 

終わった後、話を聞くようにしました。 

それを続けていくことで参加者が増えて、 
人気になっていきました。  

正直に言えば、クレームはショックでした。 
でも、参加者が減って「どうしてなんだ」と 
悩んでいた私には答えをみつけるきっかけでもありました。、 

クレームって、もちろんない方がいいものです。 
でも、クレームをもらってしまったときの行動で、 
自信につなげることもできるんです。  

クレームには、しっかりと向き合うことが大切ですよね。

☆『自信がつく』ポイント☆

クレームにしっかりと向き合えば自信につながる 

自信がつくアプリシャスヨガセミナー、次回は  
9月9日(水)19時~に開催します。 

セミナー詳細はこちらをクリック

ではまた次回、
ありがとうございます。

  
 
 
 
 
 

 
 
  
 
 

 
 
 

    
  
  
 
 

a:503 t:1 y:0 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です